植民地帝国日本の法的構造

浅野豊美, 松田利彦 編

本書は、国際日本文化研究センターにおける共同研究「日本植民地法制度の形成と展開に関する構造的研究」の研究成果報告書を2冊にまとめたものの一部である。本巻では国際秩序と帝国秩序の狭間におかれた日本帝国の法的構造を各方面から検討した論文から構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治憲法体制と植民地基本法秩序(国籍法以前-研究の整理による予備的考察
  • 植民地司法制度の形成と帝国への拡散-初期台湾型司法制度の成立に至る立法過程を中心に
  • 植民地での条約改正と日本帝国の法的形成-属人的に限定された「単位法律関係」と「共通法」の機能を中心に)
  • 2 台湾社会と慣習の近代的再編及び台湾特殊法制(徴兵令はなぜ海を越えなかったか?-台湾における植民地兵養成問題
  • 植民地の法と慣習-台湾社会の女児取引をめぐる諸問題)
  • 3 朝鮮法域の民事・刑事上の性格と立法・司法制度再編(保護政治下韓国における司法制度改革の理念と現実
  • 軽犯罪の取締法令に見る民衆統制-朝鮮の場合を中心に
  • 植民地期朝鮮における参政権要求運動団体「国民協会」について
  • 植民地独立運動に対する治安維持法の適用-朝鮮・日本「内地」における法運用の落差)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地帝国日本の法的構造
著作者等 山口 輝臣
文 竣暎
松田 利彦
森山 茂徳
水野 直樹
洪 郁如
浅野 豊美
近藤 正己
李 鐘旼
書名ヨミ ショクミンチ テイコク ニホン ノ ホウテキ コウゾウ
書名別名 Shokuminchi teikoku nihon no hoteki kozo
出版元 信山社
刊行年月 2004.3
ページ数 463, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4797252774
NCID BA67063088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20721013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想