忍性 : 慈悲ニ過ギタ

松尾剛次 著

忍性(一二一七〜一三〇三)鎌倉期の律僧。叡尊の弟子。ハンセン病患者への偏見に満ち溢れた時代、文殊信仰を背景に救済を行った忍性。本書は叡尊・忍性らの活躍を、鎌倉新仏教団のもう一つの典型として捉え直す。忍性が生きた時代と全国各地への展開を追い、「生身の菩薩」忍性の生涯を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 骨蔵器に秘められた謎-都市奈良と忍性(額安寺と忍性
  • 竹林寺と忍性 ほか)
  • 第2章 香取の海-常陸三村寺と忍性(関東での足どり
  • 三村寺の位置付け ほか)
  • 第3章 生身の菩薩-都市鎌倉と忍性(極楽寺入寺以前
  • 極楽寺入寺 ほか)
  • 第4章 勧進僧忍性-忍性の活動の展開(忍性ゆかりの諸寺院
  • 諸国国分寺の復興 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忍性 : 慈悲ニ過ギタ
著作者等 松尾 剛次
書名ヨミ ニンショウ : ジヒ ニ スギタ
書名別名 Ninsho
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.11
ページ数 222, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4623041506
NCID BA69268831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20701448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想