幻の漂泊民・サンカ

沖浦和光 著

一所不住、一畝不耕。山野河川で天幕暮し。竹細工や川魚漁を生業とし、'60年代に列島から姿を消した自由の民・サンカ。「定住・所有」の枠を軽々と超えた彼らは、原日本人の末裔なのか。中世から続く漂泊民なのか。従来の虚構を解体し、聖と賎、浄と穢から「日本文化」の基層を見据える沖浦民俗学の新たな成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サンカとは何者だったのか
  • 第1章 近世末・明治初期のサンカ資料を探る
  • 第2章 柳田国男のサンカ民俗誌
  • 第3章 サンカの起源論をめぐって
  • 第4章 サンカの原義は「山家」だった
  • 第5章 発生期は近世末の危機の時代か
  • 第6章 三角寛『サンカ社会の研究』を読み解く
  • 第7章 今日まで残ったサンカ民俗をたずねる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻の漂泊民・サンカ
著作者等 沖浦 和光
書名ヨミ マボロシ ノ ヒョウハクミン サンカ
書名別名 Maboroshi no hyohakumin sanka
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2004.11
ページ数 392p
大きさ 16cm
ISBN 4167679264
NCID BA69540836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20689111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想