心理学者が考えた「心のノート」逆活用法

伊藤哲司 著

うさんくさい道徳的な子ども像を強要し、「愛国心」を注入する「心のノート」。このアブナイ教材を逆手にとって、子どもたちの批判精神を育てる授業づくりを提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「こころのノート」小学校1・2年(「きょうをたのしい日にしよう」
  • 「このノートのつかいかた」 ほか)
  • 2 「心のノート」小学校3・4年(「わたしにはある…」
  • 「心のノートをひらいてみよう」 ほか)
  • 3 「心のノート」小学校5・6年(「君たち。君たちはつねに晴れあがった空のように…」
  • 「これがいまのわたし」 ほか)
  • 4 「心のノート」中学校(「自分さがしの旅に出よう…」
  • 「あなたがしるす心の軌跡」「私の自我像」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学者が考えた「心のノート」逆活用法
著作者等 伊藤 哲司
書名ヨミ シンリガクシャ ガ カンガエタ ココロ ノ ノート ギャク カツヨウホウ
書名別名 Shinrigakusha ga kangaeta kokoro no noto gyaku katsuyoho
出版元 高文研
刊行年月 2004.3
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 4874983219
NCID BA66682754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20700096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想