つくりかえられる徴 : 日本近代・被差別部落・マイノリティ

黒川みどり 著

「解放令」が出されてから一三〇年あまりが過ぎ、その間、社会は大きく変化をとげてきた。本書は、明治維新から今日までの日本近代のあゆみのなかに部落問題を位置づけ、できるかぎり他のマイノリティのありようも視野に入れながらその歴史を明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「開化」か「旧習」か
  • 2 新たな徴の成立
  • 3 境界の強化と「融和」
  • 4 「誇り」の獲得と「同化」
  • 5 「国民一体」とその矛盾
  • 6 戦後からいまへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 つくりかえられる徴 : 日本近代・被差別部落・マイノリティ
著作者等 黒川 みどり
書名ヨミ ツクリカエラレル シルシ : ニホン キンダイ ヒサベツ ブラク マイノリティ
書名別名 Tsukurikaerareru shirushi
出版元 解放出版社
部落解放・人権研究所
刊行年月 2004.11
版表示 初版
ページ数 230p
大きさ 21cm
ISBN 4759240411
NCID BA69185483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20693534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想