不安の正体! : メディア政治とイラク戦後の世界

金子勝 ほか著

「帝国」アメリカの「大義なき戦争」、不安に駆られ「監視」を切望する人々、対米追従にひた走る日本、俗情に媚びるメディア、崩壊する国際秩序…。不透明で国難な時代の「出口」を求め、気鋭の論客が徹底討論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イラク戦後の世界(反戦ロジックが力を失った理由
  • アメリカは今や"江戸幕府"である ほか)
  • 2 大衆動員と「信頼」の崩壊(アメリカ政府の巧妙なメディア戦略
  • 戦争報道を受容する側の問題 ほか)
  • 3 「よき社会」とは何か?(アメリカ経済の楽観論と悲観論
  • 住宅バブルの崩壊は何をもたらすか? ほか)
  • 討議を終えて(パーフェクト・ストーム(アンドリュー・デウィット)
  • ガンマンの教訓(藤原帰一) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不安の正体! : メディア政治とイラク戦後の世界
著作者等 Dewit, Andrew
宮台 真司
藤原 帰一
金子 勝
DeWit Andrew
デウィット アンドリュー
書名ヨミ フアン ノ ショウタイ : メディア セイジ ト イラク センゴ ノ セカイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.10
ページ数 400p
大きさ 19cm
ISBN 4480863583
NCID BA69321195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20704873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想