中世修道院の世界 : 使徒の模倣者たち

M.-H.ヴィケール 著 ; 朝倉文市 監訳 ; 渡辺隆司, 梅津教孝 訳

4世紀から13世紀までの西欧修道院史の流れを、「使徒の模倣」というモチーフに着目しつつ、静かに、鮮やかに、そして平易に語った名著。付録史料として「メッス司教クロデガングによる司教座聖堂参事会会則」全訳を併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 使徒の生活
  • 第1章 修道士(キリスト教徒の典型としての使徒
  • 初代キリスト教教会へのノスタルジー
  • 修道士の使徒的規律遵守)
  • 第2章 聖堂参事会員(ウルバヌス二世から見た教会史
  • 聖堂参事会員の起源は使徒に由来するものではない
  • 聖堂参事会員の使徒的刷新 ほか)
  • 第3章 托鉢修道会士(ドミニコ会士)(「使徒的」という言葉の新たな意味
  • 使徒的巡回の発見
  • 修道院において巡回の理想が安定する ほか)
  • 付録 メッス司教クロデガングによる司教座聖堂参事会会則

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世修道院の世界 : 使徒の模倣者たち
著作者等 Vicaire, M.-H.
Vicaire, Marie-Humbert
朝倉 文市
梅津 教孝
渡辺 隆司
Vicaire Marie‐Humbert
ヴィケール M.‐H.
書名ヨミ チュウセイ シュウドウイン ノ セカイ : シト ノ モホウシャタチ
書名別名 L'imitation des apotres
出版元 八坂書房
刊行年月 2004.9
ページ数 246, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4896948475
NCID BA68966082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20767926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想