宴の身体 : バサラから世阿弥へ

松岡心平 著

踊り念仏、バサラ大名の連歌会、田楽、歓進能など、中世芸能の時空間は無縁平等の世界をつくりだし、宴の熱狂のなかで身体は日常の文脈をはずれた新たな共同性をになう。宴の身体から稚児の身体を経由して、世阿弥の身体が多角的に考察される。日本文化の原基としての活力あふれる豊かな中世像を描いた刺激的な日本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 演劇としての宗教-時宗「四条道場」論
  • 第2章 バサラの時代-パフォーマンスの考古学
  • 第3章 宴の身体-連歌・一揆・会所
  • 第4章 夢幻能の発生-勧進能のトポス
  • 第5章 稚児と天皇制
  • 第6章 稚児としての世阿弥
  • 第7章 花・幽玄・しほれ-稚児の美学
  • 第8章 能の空間と修辞-世阿弥の"遠見"をめぐって
  • 第9章 世阿弥の身体
  • 第10章 カマエの成立
  • 第11章 紀貫之と世阿弥

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宴の身体 : バサラから世阿弥へ
著作者等 松岡 心平
書名ヨミ ウタゲ ノ シンタイ : バサラ カラ ゼアミ エ
書名別名 Utage no shintai
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.9
ページ数 268p
大きさ 15cm
ISBN 4006001290
NCID BA6866773X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20675374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想