安倍晴明 : 陰陽の達者なり

斎藤英喜 著

安倍晴明(九二一〜一〇〇五)平安期の陰陽師。土御門家の祖。説話や伝説に彩られた安倍晴明の実像はいかなるものだったのか。平安時代の諸記録から多様な陰陽道祭祀や儀礼の現場を復元し、「術法の者」としての生涯を明らかにすることで、従来とは異なる新しい晴明像を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安倍晴明の"現場"へ
  • 鬼を追う晴明
  • 「陰陽師・安倍晴明」の登場まで
  • 天徳四年内裏焼亡す
  • 岡野玲子『陰陽師』の作品世界
  • 『占事略決』という書物
  • すそのはらへしたる
  • 民間「陰陽師」の系譜といざなぎ流
  • 「道の傑出者」
  • 冥府の王・泰山府君
  • 天界と冥界の奥処へ
  • その後の「安倍清明」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安倍晴明 : 陰陽の達者なり
著作者等 斎藤 英喜
書名ヨミ アベ ノ セイメイ : インヨウ ノ タッシャ ナリ
書名別名 Abe no seimei
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.10
ページ数 300, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4623042553
NCID BA68922010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20686105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想