志免炭鉱問題の焦点

日本国有鉄道[編]

[目次]

  • 目次
  • 一 まえがき-なぜ志免鉱業所が譲渡されねばならないのか- / 1
  • 二 志免譲渡問題の発端 / 3
  • 三 譲受希望者とその処置 / 5
  • 四 権威者を揃えた調査委員会-速かに民間に譲渡すべしと結論- / 8
  • 五 調査委員会第二次答申が示した譲渡方法と譲渡先 / 11
  • 六 調査委員会答申と社会党、労組意見との一致点と相違点 / 14
  • 七 政府方針も譲渡に決定 / 16
  • 八 無視された当局の団交申し入れ-労組し烈な反対闘争展開- / 17
  • 九 労組の連日連夜の吊し上げ-心にもない所長の共同声明- / 19
  • 十 注目される青山博士一行の現地調査-労組の協力を得次第出発- / 20
  • 十一 譲渡問題の焦点 / 22
  • (一) このままでは早晩行き詰る志免炭鉱-三億円の黒字というのは?- / 22
  • (二) なぜ譲渡が急がれるか / 24
  • (三) 総合経営で資源施設の有効利用-なによりも従業員に安定した職場を- / 25
  • (四) 民間大手への譲渡が適当-共同経営または公団経営は実現不可能- / 26
  • (五) 八〇〇万トンと一二〇〇万トンとの違い-歩留りをどうみるかの相違- / 28
  • (六) 乱れ飛ぶデマ価格-具体的に価格を決定したことはない- / 30
  • 十二 むすび-国のため、志免炭鉱発展のために- / 32
  • 志免鉱業所の埋蔵炭量について / 34
  • 資料
  • (一) 志免鉱業所調査委員会第一回答申(昭和三十三年四月十九日) / 42
  • (二) 同 第二回答申(昭和三十三年七月二十一日) / 44
  • (三) 志免鉱業所の譲渡についての運輸大臣への申請(昭和三十三年十月四日) / 48
  • (四) 同 運輸大臣からの承認(昭和三十四年一月十日) / 50
  • (五) 志免問題経過日誌 / 51

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 志免炭鉱問題の焦点
著作者等 日本国有鉄道
書名ヨミ シメ タンコウ モンダイ ノ ショウテン
書名別名 Shime tanko mondai no shoten
出版元 日本国有鉄道
刊行年月 1959.6
ページ数 54p
大きさ 21cm
NCID BA34219636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21232782
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想