シューベルトのオペラ

井形ちづる 著

「歌曲王」として知られるシューベルトが、その短い生涯に19作の素晴らしいオペラを残したことはほとんど知られていない。本書はシューベルトのオペラ分野での試みの一つ一つを詳細に分析・解説した世界でも類例のない貴重な研究の成果である。シューベルトの残したオペラ19作品すべてについて、「作品成立の背景」「登場人物」「あらすじ」「音楽的特徴」「上演史」などを詳述する初の解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シューベルトの生きた時代と生い立ち
  • 2 最初のジングシュピール(1811〜1814)
  • 3 初期のジングシュピールとオペラ(1815〜1816)
  • 4 中期の舞台作品(1818〜1821)
  • 5 円熟期の大作(1821〜1823)
  • 6 舞台作品における白鳥の歌(1827〜1828)
  • 7 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シューベルトのオペラ
著作者等 井形 ちづる
書名ヨミ シューベルト ノ オペラ : オペラ サッキョクカ ト シテノ ショウガイ ト サクヒン
書名別名 オペラ作曲家としての生涯と作品
出版元 水曜社
刊行年月 2004.9
ページ数 270, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4880651311
NCID BA68963302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20681629
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想