構造主義とは何か : そのイデオロギーと方法

J.=M.ドムナック 編 ; 伊東守男, 谷亀利一 訳

レビ=ストロースの構造人類学、フーコーの社会史、バルトの記号論、ラカンの精神分析、アルテュセールのイデオロギー批判…。一九六〇年代フランスで多様に開花した構造主義の登場は、サルトルの実存主義の思想的覇権に終止符を打つ知的挑戦であった。"思想としての構造主義"が生成、沸騰する現場の熱気と興奮を伝える画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 構造主義の登場-システムと個人
  • 2 構造主義とは何か-レビ=ストロースは答える
  • 3 言語学と人間の科学-レビ=ストロース入門
  • 4 マルクス主義と構造主義-ルイ・アルテュセール論
  • 5 知の考古学-ミシェル・フーコー論
  • 6 狂気の思考-構造主義的文学論
  • 7 意味とシステム-システムは生きている
  • 8 構造、言葉、出来事-構造主義と言語学
  • 9 構造主義の哲学-アンチ・ヒューマニズムの系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造主義とは何か : そのイデオロギーと方法
著作者等 Domenach, Jean Marie
伊東 守男
谷亀 利一
Domenach Jean‐Marie
ドムナック J.=M.
書名ヨミ コウゾウ シュギ トワ ナニカ : ソノ イデオロギー ト ホウホウ
書名別名 Kozo shugi towa nanika
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2004.8
ページ数 358p
大きさ 16cm
ISBN 4582765106
NCID BA68287965
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20682613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マルクス主義と構造主義 ジャン・コニール
意味とシステム ジャン・ラドリエール
構造、言葉、出来事 ポール・リクール
構造主義とは何か クロード・レビ=ストロース
構造主義の哲学 ミケール・デュフレーヌ
構造主義の登場 J=M.ドムナック
死者が許さない 内田樹
狂気の思考 イブ・ベルトラ
知の考古学 ピエール・ビュルゲラン
解説
言語学と人間の科学 ニコラ・ルウエ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想