戦争する国しない国 : 戦後保守政治と平和憲法の危機

浅井基文 著

「戦争する国」への道を進もうとする政府・自民党、民主党の国家観・平和観をあぶり出し、「力による平和」の問題点、人権を無視して国を守るという有事法制の矛盾を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の政治的危機(自衛隊のイラク派遣の本質
  • イラク特措法成立までの経緯 ほか)
  • 第2章 過去を鑑とすることを拒否する歴史観(小泉首相の歴史観
  • 日朝国交正常化交渉と保守政治)
  • 第3章 日本を危機的な状況に追い込んだ保守政治(平和憲法と真っ向から対立する「力による」平和観にもとづく国家運営
  • 「国家を個人の上に置く」国家観にもとづく国家運営)
  • 第4章 武力攻撃事態対処法と憲法(小泉首相の国家観・人権感覚
  • 人権問題をめぐる論戦 ほか)
  • 結びに代えて-私たちの平和観と国家観を問い直そう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争する国しない国 : 戦後保守政治と平和憲法の危機
著作者等 浅井 基文
書名ヨミ センソウスル クニ シナイ クニ : センゴ ホシュ セイジ ト ヘイワ ケンポウ ノ キキ
出版元 青木書店
刊行年月 2004.8
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4250204227
NCID BA68752238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20700468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想