精神分析と社会学 : 二項対立と無限の理論

竹中均 著

[目次]

  • 序章 二次的なものとしての現実-社会学会の片隅から
  • 第1章 超自我は社会規範か-フロイト第二局所論・再考
  • 第2章 「科学的心理学草稿」の射程-初期フロイト理論の可能性
  • 第3章 快の論理構造-エディプス・コンプレックスのコミュニケーション的転換
  • 第4章 規範のユークリッド幾何学-大沢真幸理論・無限・平行線公準
  • 第5章 ゲーム理論と隠喩-樫村愛子『ラカン派社会学入門』をめぐって
  • 第6章 『風土』の論理構造-二項対立から見た和辻哲郎

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析と社会学 : 二項対立と無限の理論
著作者等 竹中 均
書名ヨミ セイシン ブンセキ ト シャカイガク : ニコウ タイリツ ト ムゲン ノ リロン
書名別名 Seishin bunseki to shakaigaku
シリーズ名 明石ライブラリー 64
出版元 明石書店
刊行年月 2004.7
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4750319546
NCID BA68122910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20685338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想