財務報告に係る内部統制の実務 : 経営者による評価と監査人監査

土田義憲 著

サーベインス・オクスリー法404条により、SEC登録会社の経営者は財務報告プロセスに係る内部統制システムについて報告し、文書化すること、会計監査人は経営者の報告に対して監査報告書を出すことが義務づけられた。これまで内部統制の状況を文書化した記録がほとんどない企業にとっては、まさにゼロから始める膨大なプロジェクトである。本書はこのプロジェクトを実践的にサポートする解説書である。第2版では、PCAOB監査基準第2号を完全フォローするとともに、全面的に内容を見直し、バージョンアップさせた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 財務報告に係る内部統制の議論(内部統制の議論の経緯
  • サーベインス・オクスリー法)
  • 第2部 経営者による内部統制の評価(内部統制評価のメソドロジー
  • 業務プロセス・レベルにおける内部統制の文書化
  • 業務プロセス・レベルにおける内部統制のテスト ほか)
  • 第3部 財務報告に係る内部統制の監査(財務報告に係る内部統制監査の概要
  • 財務報告に係る内部統制監査の実施
  • 財務報告に係る内部統制監査の報告)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財務報告に係る内部統制の実務 : 経営者による評価と監査人監査
著作者等 土田 義憲
書名ヨミ ザイム ホウコク ニ カカル ナイブ トウセイ ノ ジツム : ケイエイシャ ニ ヨル ヒョウカ ト カンサニン カンサ
出版元 中央経済社
刊行年月 2004.9
版表示 第2版.
ページ数 311p
大きさ 21cm
ISBN 4502246905
NCID BA6889714X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20657289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想