江戸歌舞伎の残照

吉田弥生 著

押し寄せる近代の大波を前に、独り江戸を描き続けた江戸歌舞伎最後の作者河竹黙阿弥の美学を究めた本格的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 江戸歌舞伎最後の作者・黙阿弥(作者の声
  • 役者の身体)
  • 2 黙阿弥のドラマツルギー-素材力と創造力の昇華(江戸戯作との交流
  • 話芸との交流
  • 黙阿弥と"西洋")
  • 3 黙阿弥劇-その美学と遺産(美学-改めて見直す
  • 遺産-現代歌舞伎における黙阿弥作品)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸歌舞伎の残照
著作者等 吉田 弥生
書名ヨミ エド カブキ ノ ザンショウ
書名別名 Edo kabuki no zansho
出版元 文芸社
刊行年月 2004.9
版表示 初版
ページ数 342p
大きさ 22cm
ISBN 483557947X
NCID BA68958572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20672367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想