ギリシャの歴史

リチャード・クロッグ 著 ; 高久暁 訳

民族運動が勃興した18世紀後半から説き起こし、その後オスマン=トルコ帝国の支配を脱してついに「ヨーロッパ共通の家」に回帰し、現代に至るまで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 オスマン=トルコの支配とギリシャ国家の出現一七七〇〜一八三一
  • 第3章 国家建設、メガリ・イデア、国家分裂一八三一〜一九二二
  • 第4章 崩壊・占領・内戦一九二三〜一九四九
  • 第5章 内戦の遺産一九五〇〜一九七四
  • 第6章 民主主義の強化とポピュリズムの十年一九七四〜一九九〇
  • 第7章 終わりに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシャの歴史
著作者等 Clogg, Richard
高久 暁
クロッグ リチャード
書名ヨミ ギリシャ ノ レキシ
書名別名 A concise history of Greece

Girisha no rekishi
シリーズ名 Cambridge concise histories
ケンブリッジ版世界各国史
出版元 創土社
刊行年月 2004.8
ページ数 286p
大きさ 20cm
ISBN 4789300218
NCID BA68724684
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20667339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想