うまやもん : 変わりゆくニッポン競馬の現場

大月隆寛 著

ハルウララ、コスモバルク、アンカツ、アラブ廃止に国際化、中央と地方…中津、益田、新潟、上山…つぎつぎと姿を消してゆく小さな競馬場たち。いま、ニッポンで、競馬に生きる、ということの真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハルウララ騒動・顛末
  • ウララにユタカが乗った日-2004・3・22高知競馬
  • あらためて、ハルウララのことを語ろう
  • 益田競馬最後の日-日本一小さな競馬場のいちばん長い日
  • 棄てられる競馬場-大分県・中津競馬の仁義なき闘い
  • 地方競馬がどんどん消えゆく-「中津方式」と、それ以降
  • アンカツ!アンカツ!-JRA騎手になる前の安藤勝己に密着した一週間
  • 本間茂、元気です-元川崎競馬・名騎手の"曇り、のち晴れ"
  • たったひとりの闘い-瀬戸際の高知競馬を支えたうまやもんfrom紀三井寺
  • 馬喰・見えない稼業人-牧場と競馬場のあいだで生きる仕事
  • 「外車」伝説マルゼンスキー-橋本善吉が語る、競馬が競馬だった頃
  • 復活せよ!アラブ競馬-忘れられたニッポン競馬の功労者
  • こうしてなかったことにされてゆくんだわ-アラブ生産者の苦悩と憂鬱
  • トレーニングセールの現在
  • サンデーサイレンスの仔はいかが?-すでに世界基準、SSのための社台グループ・セレクトセール
  • 馬産地・北海道競馬の明日を考える
  • "交流"新時代?-JRA認定・交流競争の拡大が地方競馬にもたらしたもの
  • 外厩制度がやってくる-大いなる実験、外厩制度とその波及効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うまやもん : 変わりゆくニッポン競馬の現場
著作者等 大月 隆寛
書名ヨミ ウマヤモン : カワリユク ニッポン ケイバ ノ ゲンバ
書名別名 Umayamon
出版元 現代書館
刊行年月 2004.8
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4768468802
NCID BA68678077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20667345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想