おヨネとコハル

ヴェンセスラウ・デ・モラエス 著 ; 岡村多希子 訳

ポルトガル領事として来日し、日本に魅せられた作家モラエスが愛したおヨネとコハル。2人の日本人女性への追慕の情を通して描く大正期のニッポン。モラエス没後60年記念出版。

「BOOKデータベース」より

二人の日本人女性への追慕の情を通して描く大正期のニッポン。ポルトガル人作家モラエス生誕150周年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コハル
  • おヨネだろうか…コハルだろうか…
  • 正午の号砲(またもやコハル)
  • 祭日のごちそう
  • 日本の三人心中
  • 日本の異国情調
  • 潮音寺の墓地のごみため
  • 着物?それともお金?-着物
  • 久松は家にいません
  • 無臭
  • 半分のバナナ
  • ある散歩での感想
  • 風景を最後にひと目
  • 夢をみて
  • 敦盛の墓
  • 笑ったり泣いたり
  • 私の追慕の園で
  • ある日本の諺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おヨネとコハル
著作者等 Moraes, Wenceslau de
岡村 多希子
Moraes Wenceslau De
モラエス ヴェンセスラウ・デ
書名ヨミ オヨネ ト コハル
書名別名 O-yone e Ko-haru

Oyone to koharu
シリーズ名 ポルトガル文学叢書 5
出版元 彩流社
刊行年月 2004.8
版表示 増補改訂版.
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 4882029154
NCID BA69293748
BN04330170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20656333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ポルトガル語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想