脳受難の時代 : 現代医学・技術により蹂躙される私たちの脳

山口研一郎 著

本書で扱うのは、「脳」をめぐる負の側面である。その作業は、私たちが直面する社会の現実を浮き彫りにし、今なぜこれほど多くの人々が脳(心)を病んでいるのかという問いに何らかの示唆を与えてくれるだろう。そのために「脳の受難」を表すことが、本書の最も大きな目的である。その一方で、脳を傷めつけられ差別されながら力強く生き抜こうとしている人、それを支える人々の姿をも鮮明に写し出す。「脳の受難に立ち向かう人々」を描くことも本書の主要なテーマである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 老後の夢を断ち切ったメス(娘から病院への手紙
  • 夫婦水入らずの平穏な日々 ほか)
  • 第1章 未(非)破裂脳動脈瘤の予防的手術の現状(未破裂脳動脈瘤に関する日本脳ドック学会の見解・方針
  • 予防的手術により死亡したり、障害を負った人々 ほか)
  • 第2章 増え続ける高次脳機能障害(古くて新しい障害としての高次脳機能障害
  • 高次脳機能障害のリハビリテーション ほか)
  • 終章 脳受難の最悪の姿である脳死・臓器移植(「全臓器提供」より奇跡的に生還した女性
  • 許してはならない小児からの脳死・臓器移植)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳受難の時代 : 現代医学・技術により蹂躙される私たちの脳
著作者等 山口 研一郎
書名ヨミ ノウ ジュナン ノ ジダイ : ゲンダイ イガク ギジュツ ニ ヨリ ジュウリンサレル ワタクシタチ ノ ノウ
書名別名 No junan no jidai
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2004.5
ページ数 393p
大きさ 20cm
ISBN 4275003330
NCID BA67533261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20665927
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想