八月の砲声  上

バーバラ・W.タックマン 著 ; 山室まりや 訳

1914年6月28日、サライェヴォに響いた一発の銃声がヨーロッパに戦火を呼びこんだ。網の目のような条約で相互に結ばれた各国指導者たちは、開戦準備に奔走する一方で戦争回避の道を探るが、戦火は瞬く間に拡大する。情報の混乱、指導者たちの誤算と過信。予測不能の情況のなかで、軍の用意していた戦術だけが既定方針として着々と実行され、世界は戦争の泥沼に沈んでいった。-第一次世界大戦の勃発に際し、政治と外交と軍事で何がどう決定され、あるいは決定されなかったかを克明に描いてピュリッツァー賞に輝いた、戦争ノンフィクションの傑作。上巻はブリュッセルの陥落までを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大葬
  • 戦争計画(「右翼最右端は、袖で海峡をかすって通れ」
  • セダンの影
  • 「ただ一名の英国兵…」
  • ロシア式蒸気ローラー)
  • 戦争勃発(八月一日のベルリン
  • 八月一日のパリ ロンドン
  • 最後通牒とブリュッセル
  • 「落ち葉のころには家へ帰れる」)
  • 戦闘(「手中の敵ゲーベン号をとり逃がす」
  • リエージュとアルザス
  • 英国海外派遣軍大陸へ向かう
  • サンブル・エ・ミューズ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八月の砲声
著作者等 Tuchman, Barbara Wertheim
山室 まりや
タックマン バーバラ・W.
書名ヨミ ハチガツ ノ ホウセイ
書名別名 The guns of August
シリーズ名 ちくま学芸文庫
巻冊次
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.7
ページ数 488p
大きさ 15cm
ISBN 4480088679
NCID BA67793852
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20653468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想