現代文学  第1 (文学の理論と歴史)

中野重治, 椎名麟三 編

[目次]

  • まえがき
  • 第一部 文学理論
  • I 二〇世紀文学論・花田清輝 / 3
  • 二〇世紀文学の特徴
  • 分析的方法と総合的方法
  • アヴアンギャルド芸術
  • ドキュメンタリー(記録)芸術
  • 寓話の問題
  • 回帰運動の例
  • ジョイスと国民文学
  • モダニズムとアヴアンギャルド
  • マヤコフスキーの詩
  • レトリックの役割
  • II 「国民文学」と現代文学・菊池章一 / 37
  • 「国民文学」とは何か
  • 「国民文学」の可能と現実
  • 実現の方向・逆方向
  • 現代文学論としての「国民文学」論
  • 世界文学の視点
  • 見えはじめた可能
  • 具体的批評の必要
  • 批評の停滞・混乱
  • 関連の多様性
  • 結論と補足
  • III 現代詩論・関根弘 / 88
  • 悪人と現代詩
  • 狼論争の背景
  • 比喩について
  • 記録の世界
  • サークルと罐詰
  • 『生きる』の問題
  • サークル詩の方向
  • IV 批評の問題・中野重治 / 130
  • 一般的に
  • 特殊的に
  • 第二部 文学史
  • I 昭和文学史(1)・平野謙 / 171
  • 昭和初年代文学の特徴
  • 新感覚派文学の擡頭
  • プロレタリア文学からマルクス主義文学へ
  • 昭和初年代文学の行方
  • II 昭和文学史(2)・本多秋五 / 199
  • 昭和九年前後
  • 解放と危機
  • 佐野・鍋山の転向
  • 最初期の転向文学
  • 「生活の探求」
  • 転向の原因
  • 「白夜」と「村の家」
  • 「癩」から「生活の探求」へ
  • III プロレタリア文学運動・蔵原惟人 / 221
  • はじめに
  • ロシア文学とプロレタリア文学
  • 日本近代文学とプロレタリア文学
  • 初期プロレタリア文学運動
  • 当時の諸思潮
  • プロレタリア文学運動の分裂
  • ナップの成立
  • ナップからコップへの移行
  • あとがき / 271
  • 執筆者略歴 / 273

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代文学
著作者等 中野 重治
椎名 麟三
書名ヨミ ゲンダイ ブンガク
書名別名 Gendai bungaku
巻冊次 第1 (文学の理論と歴史)
出版元 新評論社
刊行年月 1954
ページ数 274p
大きさ 19cm
NCID BN11023047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58007668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想