世界巡航記

ウッズ・ロジャーズ [著] ; 平野敬一, 小林真紀子 訳

先ずは南海へ、それから東インディーズへ、そして喜望峰を経由して故国へ。航海の開始は1708年、完了は1711年。その内容は注目すべき出来事すべて、特にプナ島とグアヤキルの占拠、アカプルコ行きの船やその他の敵船の拿捕についての日々の記録、アレグザンダー・セルカークが孤島で四年四か月、一人で暮らしていたことの次第、さらに我々が特に南海における航路で見聞したいくつかの交易適地についての簡潔な記述から成る。スペイン側の最良の手書き下図に基づき作成した、全海岸の地図、及び南海交易についての著者の序文を付す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界巡航記
著作者等 Rogers, Woodes
小林 真紀子
平野 敬一
ロジャーズ ウッズ
書名ヨミ セカイ ジュンコウキ
書名別名 A cruising voyage round the world. (抄訳)
シリーズ名 17・18世紀大旅行記叢書 / 中川久定 ほか編 第2期 第6巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.7
ページ数 407p
大きさ 22cm
ISBN 4000088467
NCID BA68075355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20662356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想