末期患者でも、希望が持てるガン治療 : 進化を続ける「新免疫療法」の軌跡

八木田旭邦 著

ガン医療とは、ガンを治すのではない、ガン患者を治すのだ。骨転移ガンなど難治ガンの臨床例を多数掲載。ガンの進行が止まる。ガンと共存できる。西洋医学と抗ガン食品を併用する画期的療法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現在のガン医療は、本当に患者さんのためになっているのか?(外科医として無力感を噛みしめた日々
  • 初期のガンにのみ有効な切除手術 ほか)
  • 第2章 「ガンを治す」のではなく、「ガン患者を治す」医療を目指す(免疫療法に懐疑的な医師が多い理由
  • ガンになりやすい白血球と、なりにくい白血球のタイプがある ほか)
  • 第3章 長期不変も含め、有効率46.1%を達成した新免疫療法の実際(ガン細胞撃退のカギを握るインターロイキン12
  • 免疫システムはどのようにしてガンを排除するのか ほか)
  • 第4章 希望を捨てずに立ち向かい、転移・末期・難治性ガンを克服(16歳の脳腫瘍/摘出不能といわれた腫瘍。新免疫療法にかける
  • 肺小細胞ガン/最もタチの悪いガンにも希望があった ほか)
  • 第5章 新免疫療法の併用で「普段の生活」を続けながらガンと闘う(やはり外来で治療するのが理想的なガン治療
  • 主治医の理解と協力を得るのがベスト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 末期患者でも、希望が持てるガン治療 : 進化を続ける「新免疫療法」の軌跡
著作者等 八木田 旭邦
書名ヨミ マッキ カンジャ デモ キボウ ガ モテル ガン チリョウ
書名別名 Makki kanja demo kibo ga moteru gan chiryo
出版元 現代書林
刊行年月 2004.8
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 4774506133
全国書誌番号
20663117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想