ボランティアは誰でもできる : NGO現場ノート

栗本英世 著

著者がいまボランテイアというものをどうとらえているか、具体的な実例をあげながら、経験談をやさしく読めるように書いたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-ボランティアは誰でもできる
  • ラオス、ヤオ族の村の家族
  • ラオス、メオ族の村での事件
  • 生活習慣を他人が変えようとしてはいけない
  • タイでの里親就学援助
  • 乳牛援助プロジェクトの失敗
  • 自転車援助は金喰い虫
  • 中古衣料はどこかへ消える
  • イルカのためではなかった「イルカ支援」
  • 逃げてきた五人の少女
  • 子どもを売る(病気の母親のために
  • 貧困ゆえに)
  • 子どもを人手に渡す
  • 薬とアロエ-放置できなかった衛生状態
  • マラリア禍をふせぐ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティアは誰でもできる : NGO現場ノート
著作者等 栗本 英世
書名ヨミ ボランティア ワ ダレ デモ デキル : NGO ゲンバ ノート
書名別名 Borantia wa dare demo dekiru
出版元 ばるん舎
刊行年月 2004.5
ページ数 60p
大きさ 21cm
ISBN 4893400177
NCID BA71112744
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20658608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想