文学と悪

ジョルジュ・バタイユ 著 ; 山本功 訳

[目次]

  • まえがき / 1
  • エミリ・ブロンテ / 4
  • エロチスムとは、死を賭するほどまでの生の讃歌である / 6
  • 少年時と理性と悪 / 8
  • エミリ・ブロンテと背反 / 14
  • 文学と自由と神秘的体験 / 19
  • 悪の意味 / 26
  • ボードレール / 29
  • 人間は、みずから自分を断罪するのでないかぎり、自分を徹底的に愛することはできない / 29
  • 行動性の散文的な世界と詩の世界 / 36
  • 詩は、ある意味では、つねに詩の反対物である / 44
  • ボードレールと不可能の彫像 / 49
  • 『悪の華』の歴史的な意味づけ / 54
  • ミシュレ / 65
  • 供犠 / 67
  • 呪術と黒ミサ / 74
  • 善と悪、「価値」、およびミシュレの生涯 / 78
  • ウィリアム・ブレイク / 82
  • ウィリアム・ブレイクの生涯と作品 / 83
  • 詩の至高性 / 89
  • ユングの精神分析学によるブレイクの神話世界の解明 / 93
  • 悪の照明としての『天国と地獄との結婚』 / 99
  • ブレイクとフランス革命 / 110
  • サド / 118
  • サドとバスティーユ占領 / 121
  • 自己破壊の意志 / 126
  • サドの思想 / 128
  • サドの狂熱 / 137
  • 狂奔から明晰な意識へ / 142
  • サドの宿命の詩 / 151
  • プルースト / 153
  • 真理と正義とへの愛とマルセル・プルーストの社会主義 / 153
  • 道徳律への背反に結びつく道徳 / 158
  • 罪悪としてのエロチスムに立脚する快楽 / 163
  • 正義と真理と情熱と / 170
  • カフカ / 174
  • 「カフカを焚刑に処すべきか」 / 174
  • カフカと「約束の地」と革命社会 / 176
  • カフカの完全な小児性 / 178
  • 子供らしい状況の固持 / 182
  • フランツ・カフカのたのしげな世界 / 190
  • 少年時の幸福な横溢感は、死という至高の自由の動きのなかで、ふたたび見いだされる / 196
  • 共産主義者たちの非難の正当化 / 198
  • しかしカフカ自身は協調的である / 201
  • ジュネ / 202
  • ジュネとサルトルのジュネ論 / 202
  • 悪への無条件の献身 / 206
  • 至高性と悪の聖性 / 209
  • 裏切りと下劣な悪とへとむかうずれ行き / 217
  • 無際限な背反の袋小路 / 222
  • 実現不可能な霊的交通 / 226
  • ジュネの失敗 / 234
  • 非生産的な消費と封建的な社会 / 238
  • 自由と悪 / 241
  • 真正の霊的交通とすべて「存在するもの」の不可入性と至高性 / 243
  • 裏切られた至高性 / 248
  • 訳者あとがき / 255

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学と悪
著作者等 Bataille, Georges
山本 功
ジョルジュ・バタイユ
書名ヨミ ブンガク ト アク
書名別名 Bungaku to aku
シリーズ名 現代文芸評論叢書
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1959
ページ数 258p
大きさ 20cm
NCID BN01004396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59005351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想