好色

暉峻康隆 著

[目次]

  • 好色ということ / 9
  • 貴族の好色 / 14
  • 好色の家
  • 好色の条件
  • 平中のなげき
  • 男色 / 27
  • 中世の男色
  • 男色論争
  • 武家的男色
  • 町人的男色
  • ノンプロ男色
  • プロ男色
  • 第一の好色 / 56
  • 好色のチャンピオン
  • チャンピオンの実力
  • 彼等の教養と美意識
  • 元禄の遊び
  • 好色の場
  • 揚屋と茶屋
  • 太夫の教養
  • 遊興の費用
  • 上方の粋
  • 一代男世之介
  • 多情仏心
  • 美の擁護者
  • 金銭の美学
  • 食欲の戒め
  • 江戸の張
  • 江戸の通
  • 第二の好色 / 114
  • 不義密通
  • 武家の恋
  • 町人の恋
  • お夏の恋
  • お七とおまんの恋
  • 人妻の恋
  • 心中の季節
  • 最後の情事
  • 第三の好色 / 147
  • なにが彼女をそうさせたか
  • 好色の悲しみ
  • 最低の好色
  • 好色の笑い
  • からかさの神
  • 後家の智恵
  • もてあました好色
  • 好色貯金
  • 好色の堕落
  • 風流ということ
  • 遊女 / 171
  • 文明国の面子にかけて
  • 古代の売春
  • 中世の売春
  • パンパンのはしり
  • 近世の売春・廓の出現
  • 太夫の年間揚代八七〇万円
  • 青線繁昌記
  • 売春繁昌の三条件
  • 近代の売春
  • 女のサイズ / 199
  • 実用的でない八頭身
  • 古代の女は蜂スタイル
  • 胴長短脚の始まり
  • 元禄美人の標準
  • サイズよりもバランス
  • 卑語 / 208
  • あかの他人
  • いそがばまわれ
  • 一段落つく
  • いんちき-再説
  • おかま
  • かご・かごぬけ
  • ぎう
  • 木戸を積む
  • ぎんながし
  • 首ったけ
  • しらを切る
  • 白浪
  • つけめ
  • トッコにとる
  • 二本棒
  • ばいた
  • ぶっちょうづら
  • 新老妓抄 / 228

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 好色
著作者等 暉峻 康隆
書名ヨミ コウショク
書名別名 Koshoku
出版元 有紀書房
刊行年月 1958
ページ数 238p
大きさ 19cm
NCID BN0584839X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想