仏教文学研究  第3集

仏教文学研究会 編

[目次]

  • 入竺僧慧超の詩想 小笠原宣秀 / 7
  • 聖徳太子片岡山飢者説話・慧慈悲歎説話考 田村圓澄 / 25
  • 『宇津保物語』の作者の仏教思想-俊蔭漂流譚を中心として- 中村忠行 / 49
  • 栄花物語における仏教-音楽・玉の台・鳥の舞の三巻について- 松村博司 / 73
  • 中古説話集にみえる宿業観 明石光麿 / 93
  • 法然の法語-登山状をめぐって- 小林智昭 / 125
  • 釈迦文院本澄憲「表白集」をめぐって 和多昭夫 / 157
  • 平家物語における文覚像の造形 山田昭全 / 182
  • 日蓮の人と文学 今成元昭 / 211
  • 時衆和讃の形成と展開 武石彰夫 / 244
  • 英文概要
  • 著者紹介

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏教文学研究
著作者等 仏教文学研究会
書名ヨミ ブッキョウ ブンガク ケンキュウ
書名別名 Bukkyo bungaku kenkyu
巻冊次 第3集
出版元 法蔵館
刊行年月 1965
ページ数 277p
大きさ 19cm
全国書誌番号
57011497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想