日本革命文学の展望

西田勝 著

[目次]

  • 目次
  • 『主体性』論争が新世代にあたえるもの-「党生活者」問題の再検討- / 3
  • 民主主義文学運動と平和革命論 / 39
  • 『近代文学』の活動について / 56
  • 反戦文学の前駆者たち / 70
  • 田岡嶺雲『明治叛臣伝』の意義 / 99
  • 雑誌『火鞭』の成立について-プロレタリア文学発生史論- / 130
  • 附・『火鞭』細目(全九冊) / 160
  • 『駅夫日記』の位置 / 176
  • 明治の社会主義文学 / 199
  • 大正期のプロレタリア文学 / 237
  • 雑誌『新興文学』のこと / 264
  • あとがき / 273
  • 跋・小田切秀雄 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本革命文学の展望
著作者等 西田 勝
書名ヨミ ニホン カクメイ ブンガク ノ テンボウ
出版元 誠信書房
刊行年月 1958
ページ数 277p
大きさ 19cm
NCID BN10830338
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58002700
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想