ジェイン・オースティン : 小説家の誕生

中尾真理 著

大家族の中で常に次女であり、妹であったジェイン・オースティン。小説好きの牧師の一家が生んだ、英国を代表する女性作家の人と作品、その作家誕生までの過程をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 小説家の誕生(イギリス的な、あまりにイギリス的な…
  • 小説好きの一家
  • 小説家の誕生)
  • 第2章 初登場-『分別と多感』(表現のスタイル
  • 分別と多感
  • 社会と個人 ほか)
  • 第3章 『ノーサンガー・アベイ』-事実は小説より奇なりということ(世に出るまでの経緯
  • ゴシック・ロマンスの舞台
  • ヒロイン登場 ほか)
  • 第4章 「近所」の意味するもの
  • 第5章 感謝という愛の形-『自負と偏見』

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェイン・オースティン : 小説家の誕生
著作者等 中尾 真理
書名ヨミ ジェイン オースティン : ショウセツカ ノ タンジョウ
書名別名 Jein osutin
出版元 英宝社
刊行年月 2004.7
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4269710594
NCID BA68192665
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20648354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想