サハラが結ぶ南北交流

私市正年 著

今日、サハラ砂漠の北にはアラブ系の人びとが、南側には黒人系の人びとが住んでいる。二つの世界が定期的な交易活動を開始した十世紀ころから、アラブ人たちは黒人たちに関する情報を記述するようになった。しかし、観察し、記述した「北」による「南」に対する認識は、過去の歴史をこえて、現代に生きる私たちに「負の遺産」として伝えられている。本書ではサハラの南北交流史をたどりながら、この「負の遺産」の成り立ちを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サハラの南と北
  • 1 塩金交易の時代
  • 2 スペインとつながったサハラ交易
  • 3 サハラ交易の繁栄と富豪商家の出現
  • 4 黒人王国とヨーロッパ商人
  • 5 新時代の到来と奴隷交易

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サハラが結ぶ南北交流
著作者等 私市 正年
書名ヨミ サハラ ガ ムスブ ナンボク コウリュウ
書名別名 Sahara ga musubu nanboku koryu
シリーズ名 世界史リブレット 60
出版元 山川出版社
刊行年月 2004.6
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 4634346001
NCID BA67679551
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20646883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想