世界古典文学全集  第17巻 (老子荘子)

福永 光司;興善 宏【訳】

『老子』は道に帰ることを勧め、『荘子』は混沌と一体となって生を超越することを勧めるが、共に実存的な思想・文学であり、奥深いエコロジーでもある。『老子』は注を補整し、『荘子』は清新闊達な新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 老子(上篇(道経)
  • 下篇(徳経))
  • 荘子(内篇
  • 外篇
  • 雑篇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界古典文学全集
著作者等 福永 光司
老子
興膳 宏
荘子
興善 宏
書名ヨミ セカイ コテン ブンガク ゼンシュウ
書名別名 老子荘子
巻冊次 第17巻 (老子荘子)
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.5
ページ数 554, 82p
大きさ 23cm
付随資料 10p.
ISBN 4480203176
NCID BA67305176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20710297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『老子』解説 福永光司
『荘子』解説 福永光司
文学として読む『荘子』 興膳宏
老子 福永光司
荘子 福永光司, 興膳宏
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想