岡崎義恵著作集  第10 (近代日本の詩歌)

[目次]

  • 近代日本の詩歌
  • 目次
  • 第一部 長詩の世界
  • 日本近代詩の展開 / 3
  • 近代詩人誕生の契機 / 15
  • 落合直文 / 31
  • 晩翠の詩風 / 42
  • 藤村と有明 / 54
  • 木下杢太郎の象徴的戯曲 / 71
  • 三木露風 / 90
  • 一 露風論 / 90
  • 二 「三木露風詩集」解説 / 103
  • 三 「珊瑚集」の影響 / 112
  • 四 「緑の森」の解釈-愛誦する夏の文芸- / 125
  • 五 「良心」について / 130
  • 六 「日本象徴詩集」批評 / 140
  • 大正初期の詩歌 / 144
  • 一 序言 / 144
  • 二 詩壇の輪郭 / 147
  • 三 象徴主義の詩 / 165
  • 四 人道主義の詩 / 175
  • 五 民衆主義の詩 / 186
  • 六 歌壇と俳壇 / 194
  • 二人の詩人的思想家 / 205
  • 一 高山樗牛 / 205
  • 二 阿部次郎 / 223
  • 詩壇の俳諧的精神 / 243
  • 第二部 短歌の世界
  • 抒情の系譜 / 251
  • 短歌における幻想-特に晶子の作について- / 264
  • 鷗外の短歌における色彩感覚 / 282
  • アララギ派短歌の本質 / 296
  • 斎藤茂吉 / 311
  • 一 茂吉の業績 / 311
  • 二 近代詩人としての茂吉 / 313
  • 三 茂吉の芸術観 / 328
  • 白秋の短歌 / 370
  • 太田水穂 / 390
  • 一 「冬菜」について / 390
  • 二 水穂の様式 / 392
  • 会津八一の「寒燈集」 / 396
  • 「笹群」の印象 / 401
  • 第三部 俳句の世界
  • 俳句の本質と近代の抒情 / 407
  • 俳句と日本文化 / 419
  • 俳句評価の基準 / 426
  • 日本詩歌としての俳句の地位 / 438
  • 俳句の詩的性格 / 445
  • 現代俳句の抒情性 / 452
  • 俳句と浪漫主義 / 469
  • 俳句の世界的意義 / 482
  • 俳句の新しい課題 / 486
  • 山廬の世界 / 496
  • 「冬椿」の印象 / 502
  • 「朱卓」の劇的性格 / 507
  • 本書収載論文 / 515
  • 本書以外の関係論文 / 519

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 岡崎義恵著作集
著作者等 岡崎 義恵
書名ヨミ オカザキ ヨシエ チョサクシュウ
巻冊次 第10 (近代日本の詩歌)
出版元 宝文館
刊行年月 1962
ページ数 521p
大きさ 20cm
全国書誌番号
57005395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想