イタリア史話

吉田弥邦 著

[目次]

  • イタリア史話
  • 目次
  • 一 イタリア王國建設以前 / 1
  • 二 ナポレオン一世沒落後のイタリア / 5
  • 三 イタリア王國の建設 / 8
  • 四 ナポレオン三世の援兵に對してピヱモンテ公國の提供した報酬 / 12
  • 五 ガリバルデイ將軍麾下千人隊の遠征 / 15
  • 六 首相カヴールの死とガリバルデイ將軍の再起 / 19
  • 七 イタリア王國の首府問題 / 21
  • 八 イタリア統一の完遂 / 22
  • 九 ウムベルト一世の王政時代 / 29
  • 一、 內部の改善 / 29
  • 二、 羅馬法王廰との關係 / 32
  • 三、 三國同盟の成立 / 33
  • 十 第一次ヱティオピア征服の不成功-弑逆-電氣事業の發展 / 35
  • 十一 現在の國王の御治政 / 39
  • 十二 リビアの征服 / 42
  • 十三 第一次歐洲大戰參加 / 45
  • 十四 陸海軍の奮戰 / 50
  • 十五 ガブリヱーレ・ダヌンチオの活動 / 56
  • 十六 大戰とイタリア王室 / 61
  • 一、 國王陛下平然として敵火の下に立たせ給ふ / 61
  • 二、 皇后陛下の御繁激 / 62
  • 三、 皇太子殿下停車場にて負傷者を犒ひ給ふ / 63
  • 十七 戰爭揷話 / 66
  • 一、 アントニオ・カントーレ將軍の戰死 / 66
  • 二、 一少女武功金色徽章を授興せらる / 68
  • 三、 七十六歲の勇兵老軀を提げて敵前に斃る / 69
  • 四、 一兵卒隻臂を以て己が隊長を敵手より奪ひ還へす / 71
  • 五、 一人の工兵少尉七十六名の敵を虜にす / 72
  • 十八 時局と敎育界 / 75
  • 一、 戰爭と中學生 / 75
  • 二、 失明軍人に對する敎育と慰安 / 77
  • 三、 囘復した舊領土における學校 / 80
  • 十九 時局と婦人の活動 / 82
  • 一、 軍事公債募集に對する羅馬婦人の唱道 / 82
  • 二、 消費制限に對する伊國婦人同盟 / 83
  • 三、 交通勞働に從事するイタリア婦人 / 84
  • 二十 フアシスタ政府生る / 85
  • 二十一 イタリア國家と法王政廳との和解 / 89
  • 二十二 イタリア靑少年團の成立 / 93
  • 一、 バリルラ靑少年團の成立 / 93
  • 二、 バリルラの名義 / 96
  • 三、 バリルラ靑少年團の隊制 / 98
  • 四、 海軍敎育を受ける特別隊 / 99
  • 五、 フアシスタ・アカデミア / 100
  • 六、 戰鬪靑年隊 / 101
  • 七、 大學フアシステイ團 / 103
  • -附錄-
  • 一 イタリア本土の印象 / 109
  • 一、 ナポリ / 112
  • 二、 羅馬 / 115
  • 三、 羅馬での新年 / 118
  • 四、 ゼノヴァ / 121
  • 五、 フイレンツヱ / 123
  • 六、 山地の生む不屈不撓性 / 126
  • 七、 ミラノ / 127
  • 八、 コーモ湖 / 130
  • 九、 トリーノ / 132
  • 十、 ヴヱネチア及びラヴンナ / 136
  • 二 シチリア島の印象 / 143
  • 一、 再びナポリにて / 143
  • 二、 パレルモ / 147
  • 三、 カタニア / 151
  • 四、 シラクウザ / 154
  • 五、 メッシーナ / 156
  • 三 巴爾幹紀行 / 159
  • 一、 ユーゴズラヴィア / 159
  • 二、 ルゥマニア / 163
  • 三、 ダニユーブ河上の徒步通過 / 167
  • 四、 ブルガリア / 169
  • 五、 コスタンティノポリ / 173
  • 六、 サロニッコ / 177
  • 七、 アテネ / 179
  • 八、 アテネよりイタリアへ-日伊親善に對する所感- / 182

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イタリア史話
著作者等 吉田 弥邦
書名ヨミ イタリア シワ
シリーズ名 ラヂオ新書 ; 第31
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 昭15
ページ数 186p
大きさ 18cm
全国書誌番号
46075902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想