忘れてはならない環境ホルモンの恐怖 : 子どもたちの未来を守るために

三好恵真子 著

本書は、環境ホルモンに対する人々の意識の低下が、問題を未解決のまま風化させることのないように、現象の背後に潜む事柄の本質を正しく見抜く姿勢を持続させることの必要性を言及するものである。専門用語には随時分かりやすい解説を施し、専門的な知識が少なくても理解を容易にさせる読みやすいものに仕上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境ホルモンとは何か
  • 第2章 環境ホルモンの生殖器官への影響
  • 第3章 環境ホルモンと脳や行動異常
  • 第4章 環境ホルモンの体内残留と毒性発現
  • 第5章 環境ホルモンの種類とその特徴
  • 第6章 環境ホルモンの発生源と汚染の拡大
  • 第7章 環境ホルモン防止策
  • 第8章 ダイオキシン類無毒化への最新エコプロジェクト
  • 第9章 子どもたちの未来を守るために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れてはならない環境ホルモンの恐怖 : 子どもたちの未来を守るために
著作者等 三好 恵真子
書名ヨミ ワスレテワ ナラナイ カンキョウ ホルモン ノ キョウフ : コドモタチ ノ ミライ オ マモル タメニ
出版元 大学教育
刊行年月 2003.11
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 4887305451
NCID BA64665302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20639098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想