マキャベリ的知性と心の理論の進化論 : ヒトはなぜ賢くなったか

リチャード・バーン, アンドリュー・ホワイトゥン 編 ; 藤田和生, 山下博志, 友永雅己 監訳

サルはなぜヒトになったか!?霊長類の操る"権謀術数"の数々!ヒトの知性の進化過程を明らかにする革命的論文集、待望の翻訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 この考えの始まり
  • 2 社会的関係に関する霊長類の知識
  • 3 社会的な複雑さ:第3者の影響
  • 4 霊長類は心が読めるか
  • 5 欺き
  • 6 知性の起源は社会的なものか非社会的なものか?
  • 7 他者の練達を利用する
  • 8 批評

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マキャベリ的知性と心の理論の進化論 : ヒトはなぜ賢くなったか
著作者等 Byrne, Richard
Byrne, Richard W
Whiten, Andrew
友永 雅己
山下 博志
藤田 和生
Byrne Richard
ホワイトゥン アンドリュー
バーン リチャード
書名ヨミ マキャベリテキ チセイ ト ココロ ノ リロン ノ シンカロン : ヒト ワ ナゼ カシコクナッタカ
書名別名 Machiavellian intelligence

Makyaberiteki chisei to kokoro no riron no shinkaron
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.5
ページ数 490p
大きさ 22cm
ISBN 4888488541
NCID BA67425768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20631687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想