シグナル伝達

バスティアン・D.ゴンパーツ, イスブラント・M.クラーマー, ピーター・E.R.テイサム 著 ; 上代淑人 監訳

[目次]

  • プロローグ:シグナル伝達研究の起源とそれに関わった人々
  • 第一メッセンジャー
  • 受容体
  • GTP結合タンパク質とシグナル伝達
  • GTP結合タンパク質に共役するエフェクター酵素:アデニル酸シクラーゼとホスホリパーゼC
  • 視覚のシグナル伝達の調節
  • カルシウムとシグナル伝達
  • カルシウムシグナリング
  • リン酸化と脱リン酸:プロテインキナーゼAとプロテインキナーゼC
  • 増殖因子:基本的な概念の整理
  • 受容体型チロシンキナーゼによるシグナル伝達経路
  • 非受容体型チロシンキナーゼによるシグナル伝達経路
  • PI3-キナ-ゼ、プロテインキナーゼBとインスリン受容体を介したシグナル伝達
  • 接着分子とシグナル伝達
  • 白血球遊走と接着分子
  • セリン/トレオニンキナーゼ型受容体を介したシグナル伝達
  • タンパク質の脱リン酸とリン酸化
  • タンパク質のドメインとシグナル伝達

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シグナル伝達
著作者等 Gomperts, B. D
Kramer, Ijsbrand M
Tatham, Peter E. R
上代 淑人
Gomperts Bastien D.
Kramer IJsbrand M.
Tatham Peter E.R.
クラーマー イスブラント・M.
テイサム ピーター・E.R.
ゴンパーツ バスティアン・D.
書名ヨミ シグナル デンタツ : セイメイ システム ノ ジョウホウ ネットワーク
書名別名 Signal transduction

生命システムの情報ネットワーク

Shigunaru dentatsu
出版元 メディカル・サイエンス・インターナショナル
刊行年月 2004.5
ページ数 432p
大きさ 26cm
ISBN 489592369X
NCID BA67418911
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20619884
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想