東南アジアの港市世界 : 地域社会の形成と世界秩序

弘末雅士 著

多様な生態環境のもと、豊かな交易商品を産する東南アジアは、早くから東西交流の結節点として栄え、一五‐一七世紀には「交易の時代」と呼ばれる未曽有の活況を迎えた。アジアからヨーロッパに至るさまざまな地域の人・もの・文化を引きつけたこの世界では、多様な集団を媒介する独特な権力として、いくつもの港市国家が生まれ、光芒を繰り返した。それらの港市権力は、いかなる世界観によって地域秩序を構築したのか。また近代植民地体制は、港市を中心とする地域社会をいかに変容させたのか。媒介的権力という視点から東南アジア史を描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 広域秩序圏と地元世界
  • 第1章 開かれた港市-広域秩序圏の形成媒体
  • 第2章 「異界」の展開
  • 第3章 内陸民の世界観
  • 第4章 海域マレー世界の形成
  • 第5章 一九世紀における港市・後背地関係の変容
  • 第6章 植民地体制下の港市と現地人インフォーマント
  • 終章 交錯する関係性-介在者と権力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東南アジアの港市世界 : 地域社会の形成と世界秩序
著作者等 弘末 雅士
書名ヨミ トウナン アジア ノ コウシ セカイ : チイキ シャカイ ノ ケイセイ ト セカイ チツジョ
書名別名 Tonan ajia no koshi sekai
シリーズ名 世界歴史選書
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.5
ページ数 214, 22p
大きさ 20cm
ISBN 4000268511
NCID BA67227607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20612018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想