性と権力関係の歴史

歴史学研究会 編

性・セクシュアリティの歴史に新たな光を当てる-階級、民族・人種、宗教、イデオロギー等にもとづく、社会に内在する諸矛盾・対抗関係を問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 性と表象(一八世紀日本の身体図にみる女と男
  • 明治前期のジェンダー再構築と絵島-江戸の女性権力者のゆくえ ほか)
  • 第2部 性と社会(近代日本の「女工」観-ジェンダー/セクシュアリティの視点から
  • 性差と教育-近代日本の性教育論にみられる男女の関係性 ほか)
  • 第3部 性と政治(イタリア近代における性モラルの位相-ロベルト・ミヘルス『性モラルの境界領域』から
  • 政治文化の秩序を賭けて-サンフランシスコ市営売春婦診療所論争のゆくえ ほか)
  • 第4部 性と帝国(インド副王カーゾンとその妻-イギリス帝国貴族の衰退と没落
  • 植民地期朝鮮における普通学校「不就学」とジェンダー-民族・階級との関連を中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と権力関係の歴史
著作者等 金津 日出美
加藤 千香子
小野沢 あかね
星乃 治彦
本田 毅彦
松原 宏之
歴史学研究会
池田 忍
田代 美江子
石川 照子
菊川 麻里
金 富子
長野 ひろ子
書名ヨミ セイ ト ケンリョク カンケイ ノ レキシ
書名別名 Sei to kenryoku kankei no rekishi
シリーズ名 シリーズ歴史学の現在 9
出版元 青木書店
刊行年月 2004.4
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 4250204081
NCID BA66691609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20599904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想