ラバーソウルの弾みかた : ビートルズと60年代文化のゆくえ

佐藤良明 著

戦後アメリカに始まった音楽ムーブメントは、ビートルズの登場によって爆発的に拡がり、テクノロジーの快感を呼び込みながら人々の心の作動のしくみを変えてしまった。T.ピンチョンとG.ベイトソンを洞察の軸に据え、60年代に表出した巨大な変化の全体像をさぐる、記念碑的ポップカルチャー論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 夢とウソのロックンロール
  • 2 時の生態学
  • 3 重工業人間の終焉
  • 4 シックスティーズの引き潮
  • 5 資本主義の弾みかた
  • 6 ラバーソウルの文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラバーソウルの弾みかた : ビートルズと60年代文化のゆくえ
著作者等 佐藤 良明
書名ヨミ ラバー ソウル ノ ハズミカタ : ビートルズ ト 60ネンダイ ブンカ ノ ユクエ
書名別名 Raba soru no hazumikata
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2004.2
ページ数 413p
大きさ 16cm
ISBN 4582764908
NCID BA65678139
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想