オリエンタリズムの彼方へ : 近代文化批判

姜尚中 著

オリエンタリズムとは西洋の東洋に対する文化的支配の総体を意味し、西洋という観る側の意識に存在する言説である。本書はウェーバー、フーコー、サイードらの思想的な水脈によりながら、近代ヨーロッパに確立した支配のシステムを明らかにし、同時に、近代日本の知識人がどのようなアジア観を持ってナショナル・アイデンティティを創出していったかを論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 規律と支配する知-ウェーバー・フーコー・サイード
  • 第2章 制度としての知/権力としての知
  • 第3章 日本の植民政策学とオリエンタリズム
  • 第4章 「東洋」の発見とオリエンタリズム
  • 第5章 世界システムのなかの民族とエスニシティ
  • 第6章 脱オリエンタリズムの思考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエンタリズムの彼方へ : 近代文化批判
著作者等 姜 尚中
書名ヨミ オリエンタリズム ノ カナタ エ : キンダイ ブンカ ヒハン
書名別名 Orientarizumu no kanata e
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.4
ページ数 295p
大きさ 15cm
ISBN 4006001193
NCID BA66725438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20593594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想