絵画の二十世紀 : マチスからジャコメッティまで

前田英樹 著

絵画は何のために在るのか?写真の登場によって、二十世紀の画家たちは物を見た目そっくりに描くことを超えて絵画の新たな役割・手法を模索する。視覚によらず感覚を通して世界の在るがままの姿を把握し描こうとしたマチス、ピカソ、ルオー、そしてジャコメッティ。この困難な課題に挑んだ彼ら四人の軌跡を通して、二十世紀絵画に明快な鑑賞の指針を与える力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「感覚の絵画」の誕生-セザンヌからマチスへ(写真的視覚の侵入
  • 視角ではなく感覚で描け!-セザンヌと"色" ほか)
  • 第2章 純粋感覚とは何か-マチスからピカソへ(人間を正面から視る-マチスの"色"の軌跡
  • マチスの肖像画-個性はどう超えられたか ほか)
  • 第3章 見えないものに向かって-ピカソからジャコメッティへ(感覚を歪ませる-戦争を描く手法
  • 『ラス・メニーナス』を描き直す-感覚の歴史画 ほか)
  • 第4章 絵画は何のために在るのか-ジャコメッティからルオーへ("在るもの"としての人間を描く-ジャコメッティの肖像画
  • 抽象絵画は芸術か-ジャコメッティの問い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵画の二十世紀 : マチスからジャコメッティまで
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ カイガ ノ ニジッセイキ : マチス カラ ジャコメッティ マデ
書名別名 Kaiga no nijisseiki
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.4
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 4140019964
NCID BA6682044X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20591474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想