問題解決のための「社会技術」 : 分野を超えた知の協働

堀井秀之 著

問題を解決するには、まず問題を把握しなければならない。だが現代社会において、問題の全体像はきわめて見えにくい。狂牛病やSARSをめぐる騒動、原発トラブルや医療ミスの隠蔽疑惑などを見ても、特定分野の専門家だけでは十全に対処できないことが明らかである。本書は、複雑化する社会問題を解決し、社会を円滑に運営する「社会技術」の概念を提唱。学問分野の枠を超えた、新たな取り組みを紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 複雑化する社会問題(なぜ解決困難な問題が多いのか
  • SARS問題から見えてくるもの ほか)
  • 第2章 問題解決の方法論(問題解決の心理学
  • ヒューリスティックが鍵を握る ほか)
  • 第3章 社会問題を解決する技術(社会技術とは何か
  • 社会技術の設計 ほか)
  • 第4章 安心社会を実現するために(社会技術の研究体制
  • 問題の全体像を把握する技術 ほか)
  • 第5章 組織に生かす社会技術(コンプライアンス経営とは
  • 現場のモラルハザードをどう防ぐか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 問題解決のための「社会技術」 : 分野を超えた知の協働
著作者等 堀井 秀之
書名ヨミ モンダイ カイケツ ノ タメノ シャカイ ギジュツ : ブンヤ オ コエタ チ ノ キョウドウ
書名別名 Mondai kaiketsu no tameno shakai gijutsu
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.3
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 4121017404
NCID BA66358144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20590598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想