IVRの臨床と被曝防護

中村仁信, 富樫厚彦, 諸澄邦彦 編著

本書は、全般的なこととして、総論のあと、放射線の人体に対する生物学的影響について専門家の立場からわかりやすく解説し、また放射線皮膚障害の実際について皮膚科医による詳細な報告を掲載した。IVRの臨床としては、各領域のIVRの手技、最近の動向が示され、さらにそれぞれの領域における被曝防護についての多くの資料が取り入れられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論
  • 第2章 放射線の人体に対する生物学的影響
  • 第3章 IVRにおける放射線皮膚障害の実際
  • 第4章 頭部領域
  • 第5章 心臓領育
  • 第6章 腹部領域

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IVRの臨床と被曝防護
著作者等 中村 仁信
富樫 厚彦
諸澄 邦彦
書名ヨミ IVR ノ リンショウ ト ヒバク ボウゴ
書名別名 IVR no rinsho to hibaku bogo
出版元 医療科学社
刊行年月 2004.3
ページ数 215p
大きさ 26cm
ISBN 4860033248
NCID BA67502869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想