デザイン「こと」始め

岩倉信弥 著

一九六四年、東京オリンピックが開催された年に、著者は自動車産業に参入したばかりの本田技研工業株式会社に入社した。以来三六年のあいだ、一担当デザイナーから経営的立場(常務取締役・四輪事業本部商品担当)まで、幅広いデザイン活動や商品開発に携わることができたと思っている。またそうした中で、創業者・本田宗一郎をはじめ歴代経営陣の薫陶を受け、「モノつくり」とはどういうものであるかを学んだ。そしてデザインのもつ威力を目の当たりにし、それが企業経営にとっていかに重要か、身をもって体験したひとりである。本書は、二〇〇〇年から三年間にわたり、教鞭をとってきた多摩美術大学生産デザイン学科プロダクト専攻での「プロダクトデザイン概論」、および立命館大学経営学部での「製品開発論」の講義内容をもとにしている。デザイナーを志す学生のみならず、広くデザインに興味をもつ一般の人たちにも、デザイン、とりわけ著者が専門としてきたプロダクトデザインとはどんなものなのか、どのようにして行われるものか、またそれが人々の生活の中でいかに大切なものなのか、について知ってもらいたく再編集したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私とデザイン
  • デザインとモノつくりの原点
  • デザインと産業革命
  • デザインを考える
  • デザインから見る自動車の変遷
  • デザインから見る世界
  • ホンダに見るデザイン
  • デザイナーこと始め
  • デザイニングこと始め
  • ホンダに学ぶデザイン
  • 二一世紀のデザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デザイン「こと」始め
著作者等 岩倉 信弥
書名ヨミ デザイン コトハジメ : ホンダ ニ マナブ
書名別名 ホンダに学ぶ

Dezain kotohajime
出版元 産能大学出版部
刊行年月 2004.3
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 4382055385
NCID BA66698834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20581556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想