保全生物学

Andrew S.Pullin 著 ; 井田秀行 [ほか]共訳

本書は保全生物学の入門書を意図している。保全生物学は21世紀にはわれわれにとって最も重要なもののひとつになるだろう。これは、遺伝子、種、および群集を枯渇させずに利用できるよう自然界についての情報をもたらすことにつとめ、われわれの惑星の豊かさを特徴づける生物の多様性を維持することを目的にしている。われわれは重大な挑戦を受けているが、それに正面から向かい、われわれがこの仕事を行なうための道具となるような知識を急いで開発しなければならない。このテキストは主として大学生レベルの教材として書かれたものである。本書は、読者が生物学についての基本的な知識を持ち、またある程度は生態学について知っているという前提で書かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然界
  • 世界の主要な生態系
  • 人間の影響
  • 生息地の破壊の影響
  • 生息地のかく乱の影響
  • 持続不能な利用
  • 保全生物学の起源
  • 保護区の選定
  • 保護地域のデザインと管理
  • 種の保護(生息地での保全
  • 生息地以外での保全と再導入)
  • 景観スケールの保全
  • 進化プロセスを保全する
  • 生態学復元
  • 科学を実践へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保全生物学
著作者等 Pullin, Andrew S
井田 秀行
倉本 宣
夏原 由博
大窪 久美子
書名ヨミ ホゼン セイブツガク : セイブツ タヨウセイ ノ タメノ カガク ト ジッセン
書名別名 Conservation biology

生物多様性のための科学と実践

Hozen seibutsugaku
出版元 丸善
刊行年月 2004.3
ページ数 378p
大きさ 21cm
ISBN 4621074261
NCID BA66590000
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20581810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想