面白く不思議な動植物の生態

岡英二 著

[目次]

  • 目次
  • 動物の部
  • 一 サルの習慣 / 1
  • 二 ねずみの智慧 / 5
  • 三 ラクダの不思議 / 13
  • 四 乳で子を育てるコウモリ / 15
  • 五 キリンの首はなぜ長いか / 19
  • 六 袋の中に兒を入れているカンガルー / 23
  • 七 すゞめとからすの團體生活 / 26
  • 八 子を救ふ苦心をするカモの親 / 30
  • 九 キツツキはなぜ木をつつくか / 34
  • 十 他の鳥に子を育てさせるホトトギス / 36
  • 十一 魚の逃げ場所 / 40
  • 十二 父親のお腹から生れる魚 / 45
  • 十三 敵に追はれる魚の集團 / 47
  • 十四 水と陸と魚 / 51
  • 十五 深海にすむ魚の不思議 / 54
  • 十六 アリの仲間思い / 58
  • 十七 アリの集團生活 / 63
  • 十八 ふんの好きなセンチコガネ / 72
  • 十九 タマオシコガネのけんか / 75
  • 二十 セミの一生 / 78
  • 二十一 カニの體操 / 82
  • 二十二 ひとの卵袋をとるウズキドクグモ / 84
  • 二十三 サヾエの生活 / 89
  • 二十四 タコをつかまえるこつ / 93
  • 二十五 動物の冬ごもり / 99
  • 二十六 ミミズの不思議 / 102
  • 植物の部
  • 一 アリが見張りをするアザミの蕾 / 107
  • 二 競爭で虫を呼ぶ花 / 110
  • 三 スミレの花はなぜ横を向いているか / 116
  • 四 春に咲かない花 / 120
  • 五 眠る植物 / 126
  • 六 子を生む植物 / 128
  • 七 植物の葉に寫眞をうつす話 / 131
  • 八 植物の共同生活 / 135
  • 九 大きな木の話 / 138
  • 十 動く植物 / 141
  • 十一 花で時間を計る法 / 145
  • 十二 寒さを避けるドヂカガミ / 148
  • 十三 虫をつかまえるモウセンゴケ / 150
  • 十四 世界で最も驚くべきハヘヂゴク / 153
  • 十五 虫を食べる植物 / 155
  • 十六 種子の變りだね / 159
  • 十七 植物も病氣をする / 163
  • 十八 動物に似ている粘菌 / 166
  • 十九 植物の衣がえ / 168
  • 二十 植物の居候 / 172
  • 二十一 落葉の話 / 177
  • 二十二 植物の冬ごもり / 183
  • 二十三 バクテリヤの正體 / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 面白く不思議な動植物の生態
著作者等 岡 英二
書名ヨミ オモシロク フシギナ ドウショクブツ ノ セイタイ
書名別名 Omoshiroku fushigina doshokubutsu no seitai
出版元 文正社
刊行年月 1948.2
ページ数 194p
大きさ 19cm
全国書誌番号
21183409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想