星と伝説  続

野尻抱影 著

「キリストのもとに東方三博士を導いた『ベツレヘムの星』とはどの星か」「『西郷星』とは何ぞや」洋の東西を問わず、星や星座はさまざまな伝承の中で語り継がれてきた。そこにこめられた人々の想いとは-「星の抱影」と呼ばれる著者が、夜空にかける飽くなき探求心と、天文に関する広汎な知識、民俗学的手法で、伝承の謎を解き明かす。『星と伝説』に続く珠玉の天文随筆集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北辰尊星王
  • 沙漠の北極星
  • エジプト天図の謎
  • 卍と北斗七星
  • 大犬・小犬の星
  • 春の白羊宮
  • 暮春の海蛇座
  • お伽草子の星
  • 王女の冠星
  • 星の巨人像〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 星と伝説
著作者等 野尻 抱影
書名ヨミ ホシ ト デンセツ
シリーズ名 中公文庫
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.2
ページ数 207p
大きさ 16cm
ISBN 4122043190
NCID BA61275072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20567535
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想