パズルランドのアリス  2(鏡の国篇)

レイモンド・M.スマリヤン 著 ; 市場泰男 訳

不思議の国で論理の面白さに目覚めたアリスは、塀の上に腰かけた、卵に手足のついた怪紳士に出会った。おなじみハンプティ・ダンプティ-実は彼は論理学の大天才だったのだ!アリスは彼の案内で鏡の国を巡り、さらに高度な問題にいどむ…日常と異なる論理をつきつめたところに出現する奇妙な世界を描いた傑作「鏡の国の論理」を含む、読むだけでも面白い論理パズル集、病膏盲に入る第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 鏡の国の論理(十二番めの質問
  • トウィードルダムかトウィードルディーか?
  • そこがすてきなところなんだ!
  • 白の騎士はさっぱり思い出せなかった
  • 鏡の国の論理
  • 赤の王さまの理論
  • どっちのアリス?)
  • パズルの解答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パズルランドのアリス
著作者等 Smullyan, Raymond M
市場 泰男
スマリヤン レイモンド・M.
書名ヨミ パズル ランド ノ アリス
書名別名 Alice in puzzle-land

Pazuru rando no arisu
シリーズ名 <数理を愉しむ>シリーズ
ハヤカワ文庫 : NF
巻冊次 2(鏡の国篇)
出版元 早川書房
刊行年月 2004.3
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 4150502897
NCID BA68874042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20575400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想