華厳とは何か

竹村牧男 著

仏典『華厳経』から発し、中国華厳宗に花開き、日本仏教に至るまでの、雄大無比な「華厳仏教」。その全容と核心を示し、現代思想における豊かな可能性を示唆する、出色の"華厳論"の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 華厳の世界へ
  • 第2章 光の荘厳
  • 第3章 心は画家のごとし
  • 第4章 大悲の妙用はてしなく
  • 第5章 自己を求めて
  • 第6章 すべての法門を見わたす
  • 第7章 松は竹、竹は松
  • 第8章 響き合い無限
  • 第9章 一塵に宿る宇宙
  • 第10章 速やかな成仏の道
  • 第11章 華厳思想と日本仏教
  • 第12章 いま華厳思想を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華厳とは何か
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ケゴン トワ ナニカ
書名別名 Kegon towa nanika
シリーズ名 華厳経
出版元 春秋社
刊行年月 2004.3
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 4393135156
NCID BA6664712X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20574249
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想